期間や金額について

聴診器

支給される金額や期間はどのように決まるのか

うつ病によって休養が必要である場合、傷病手当金を利用しましょう。傷病手当金の支給額は、1日単位で計算されて決まります。標準報酬月額という、従業員ごとの1ヶ月の平均を元に、1日単位で計算された金額に、支給日数をかけた金額が、傷病手当金の支給額になります。期間については、限度があります。傷病手当金は無限に支給されるものではなく、傷病手当金が支給された日から最長1年6ヶ月が限度とされて支給されます。また、一度症状が落ち着いて仕事に復帰し、その後もう一度称号が悪化して休養が必要になった場合は、復帰していた期間も1年6ヶ月に含まれていますので注意が必要です。

傷病手当金を申請する時の流れ

うつ病が発覚してから、傷病手当金を申請するには手順があるので紹介します。まずは、クリニックに行って休養や治療が必要である期間や費用の確認をします。治療や休養が長期間かかるようであれば、傷病手当金の利用を検討しましょう。費用が高額になる場合は、別の制度を利用することを考えましょう。このようなことも相談できるクリニックを選ぶと、治療に専念することができます。医師には、傷病手当金の申請書を書いてもらえるかの確認もしましょう。その後、会社へ休養の連絡をします。休養は、会社と有給を利用するのか、傷病手当金を利用するのかを相談しましょう。傷病手当金は給与の約3分の2の支給なので、短い休養であれば、有給の方が金銭的な面では支えになります。傷病手当金を利用することになった場合は、申請書を準備します。申請書には、休養中に会社から給与の支給がないことを証明する必要があります。そして申請書を提出します。条件をクリアしていれば、傷病手当金の需給がスタートします。うつ病を患ってしまった場合は、傷病手当金などの制度を利用しながらゆったりと休養しましょう。

Copyright© 2019 うつ病にかかったら傷病手当を受けよう!大切なのは心のケア All Rights Reserved.