傷病手当金とは

看護師

傷病手当金とは

傷病手当金というのは、病気やケガによって仕事ができない場合に、給与の約3分の2の手当金を、健康保険から受給できる制度のことです。もちろんうつ病にも適応しています。うつ病には休養が大切な治療になります。こころを休めるためにも、お金の心配はしたくありませんよね。傷病手当金を活用することで、安心して休養することができます。傷病手当金には子宮の条件があります。条件は4つあります。この4つの条件が全て満たされている場合のみ、傷病手当金は支給されます。

傷病手当金の支給条件

うつ病も対象となる傷病手当金ですが、その支給に必要な4つの条件を紹介します。「1:療養していること」傷病手当金の受給するためには、申請する当時に療養中であることが条件になります。「2:仕事ができない状況であること」うつ病によって、仕事をすることが条件になっています。「3:4日以上会社を休んでいること」この休みは、3日間連続して休み、その後も休養が必要である、という意味です。「4:給料が支払われていないこと」給料が支払われている場合は、傷病手当金は支給されませんので気を付けましょう。うつ病が分かった時、休養が必要になったら、医師や看護師に、どのくらいの期間、治療や休養が必要なのかを確認しましょう。期間が長くなりそうであれば、傷病手当金の利用を検討すると良いですね。医師に傷病手当金の申請書への記載を頼めるかの確認も、忘れずに行ないましょう。

Copyright© 2019 うつ病にかかったら傷病手当を受けよう!大切なのは心のケア All Rights Reserved.