うつ病を防ぐには

医者

うつ病対策を行おう

うつ病は自分に無関係と思っていませんか?うつ病を発症する原因はストレスがほとんどであり、現代人は誰でもなりやすい病なのです。うつ病ににかかりやすいのは、責任があり心が優しい人がかかりやすいと言われます。あなたも知らず知らずのうちにストレスを抱え込み、うつ病予備軍になってはいませんか?うつ病にかからないようにするには、日頃ストレスをためない事が大切です。うつ病を防ぐためには、次のような点を注意しましょう。
まずストレスを溜め込む原因として、自分の中にあるもやもやを溜め込んでしまう事があります。会社の中で上司に言われた理不尽な一言や、同僚の心無いひとことが積み重なるとストレスに繋がります。傷ついた言葉を吐き出さずに自分の中にしまい込めば、自分を責めてしまうでしょう。家族や友人に話を行い、定期的にガス抜きを行いストレスを発散しましょう。もしも誰にも相談出来ないと悩む場合は、専門の機関に相談しましょう。医療機関で相談を行えるほか、専門の相談窓口もあるのでそれを利用しましょう。赤の他人に話をする事でストレス軽減となる場合もあります。機関内では守秘義務が徹底されているので、「相談を行う事でプライベートが流出しないか不安」という場合も心配ありません。また、誰かに話しても仕事を続ける事でストレスを受け続ける事もあるでしょう。さらに、忙しさからス睡眠を十分にとれない場合もあります。睡眠不足の期間が続けば判断力がにぶり、仕事でもミスを起こし周りからの評価が落ちるなどの悪循環が起こります。うつ病の発症を防ぐためにも、仕事は無理して継続してはいけません。休職などの措置をとり、一度リフレッシュする期間を設けましょう。でも、休職中に使用出来る有給休暇には限りがありますよね。そこで使用して欲しいのが、うつ病の傷病手当です。一般的に実際の1日の給料の3分の2の手当となり満額をもらえるわけではありませんが、休職中に何ももらえないより、傷病手当を利用したほうが、休職中も安心ですね。しかし、傷病手当の制度は企業によっては取り扱わない可能性もあります。傷病手当の利用を考える場合は、必ず自分の会社の制度を確認するようにしましょう。また、うつ病対策として運動を行う事も有効です。運動で体を動かす事によりストレス解消に繋がります。さらに、日の出ているうちに運動を行うとより効果的でしょう。15分以上日光に当たると、セロトニンという物質が分泌されます。セロトニンはストレスを軽減する働きがあるので、セロトニン不足にならない生活習慣を心がけましょう。

Copyright© 2019 うつ病にかかったら傷病手当を受けよう!大切なのは心のケア All Rights Reserved.