確実にうつ病をケアする

院内

うつ病はしっかり治療を行なわなければ進行が進んでしまいます。必ず治すためにもクリニック選びは大切です。クリニックを選ぶポイントはドクターが患者のその後の人生まで見据えたサポートが行えるかです。傷病手当など、制度についても詳しいか見ましょう。

詳しく見る

うつ病を防ぐには

医者

うつ病はストレスを受けやすい現代人にとって身近な病気です。うつ病の傷病手当を受ける事も可能ですが、企業によって制度が適用できない場合もあるため自己防衛が大切です。うつ病にならないように、日頃から行える対策を心がけましょう。

詳しく見る

傷病手当金とは

看護師

うつ病によって会社を長期間休む必要がある場合、傷病手当金を利用して、生活の支えにしましょう。うつ病はこころの病気です。無理は禁物。休養は必要なのです。その休養を支えてくれるのが傷病手当金という制度です。

詳しく見る

期間や金額について

聴診器

うつ病によって、傷病手当金を利用する際、支給される金額はどのように決まるのでしょうか。また、支給される期間はどのくらいなのでしょうか。この二つも、制度を利用する上で重要な要素になってきます。

詳しく見る

うつ病は恥ずかしくない

院内

うつ病になる原因を知ろう

うつ病は、誰にでも起こる病です。うつ病になると、普段出来ていた事が手につかなくなります。日課だった植物への水やりが出来なくなったり、楽しみにしていたテレビ番組を見れなくなるなど、習慣だった事や趣味が手につかなくなります。うつ病になる原因は、ストレスによる影響が大きいと考えられています。ストレスを受ける原因が、次のようになります。まず1つめに考えられるのが、社会から受けるストレスです。私たち人間は学校や仕事など、なにかしら社会との関りを持ちますよね。勉強を学んだりお金を稼ぐために、社会との繋がりは自然と必要になります。しかし社会と繋がる中で、人と人とのコミュニケーションでストレスが生まれる事があります。意見の違いからストレスを感じたり、仕事で大仕事を任される事のプレッシャーを受け、ストレスとなる事もあります。また、思春期の子供は感受性が豊かな事から、友人同士の付き合い方や受験などのストレスを感じやすくなるでしょう。2つめに、心に不安を抱える事で起こるストレスがあります。対人関係や仕事のプレッシャーがない場合でも、心に強いダメージを受けるとストレスに繋がります。長年連れ添ったパートナーが死別したり、可愛がったペットが死んでしまうと、心にぽっかりと穴が空いてしまいますよね。大切な人と別れた、長く一緒にいたペットがいなくなると、心に喪失感が生まれます。他には、将来へのぼんやりとした不安から心が無気力になる事もあるでしょう。他には、引っ越しや転勤を繰り返し環境の変化がめまぐるしいと、ストレスに繋がりやすくなるでしょう。病気や怪我など、身体的にストレスを受ける事でうつ病になる可能性もあります。以上のように、ストレスを感じる状況はさまざまあります。「自分はうつ病にはならない」と考える人でも、うつ病になる可能性は十分あるのです。

うつ病と向き合う

強いストレスを受けうつ病にかかると、何に対しても自信が持てない、気力が起こらないというようになるでしょう。この状態が続けば、普段通りに生活を行えなくなる可能性があります。うつ病になるのは恥ずかしい事ではありません。誰にでも起こりえる事なのです。実際にうつ病にかかった場合、しっかり休んで心のケアを行う事が大切です。しかし社会人として働いていた場合、休職すると給料の面が気になりますよね。そんな時は、うつ病の傷病手当金を申請するのがおすすめです。傷病手当金は、1日あたり通常支払われる給料の3分の2の金額が支払われます。満額でもらえないケースが多いですが、健康保険組合によっては金額を上乗せしてくれる場合もあります。会社によってはうつ病で休職する制度を取り組んでいないケースもあるので、事前に確認しておく事が大切です。

Copyright© 2019 うつ病にかかったら傷病手当を受けよう!大切なのは心のケア All Rights Reserved.